キャリア教育システム インタビュー

インパクト体験を共有して未来を創る力を育てる プログラム開発協力:立教大学 経営学部 特任准教授 高橋 俊之氏に聞く

総合学習プログラムの目的を明確にし
キャリア教育のPDCAを推進

黒田勉強でも教科外の活動でも目的を明確にして取り組んでいくことはとても重要だと感じています。特に、文部科学省がいう学力の3要素(①知識・技能、②思考力・判断力・表現力、③主体性・多様性・協働性)を高めていくには、学校で取り組んでいるさまざまな活動が何を目的にしているのかを意識し、そのためにはどういうやり方でやったらいいのかを考えていく必要があります。そのために、本校ではキャリア教育のPDCA化を進めています。進路指導委員会では、淑徳与野で身につけて欲しいことを「5つの力」に集約し、さまざまな課外活動が、どの力の育成につながっているかをまとめました。同時に、高校入学時のインパクト体験に始まり、職業研究、研究小論文、ディベート大会などの総合学習を互いに関連付け、自分自身を見つめながら進路選択へとつなげていこうとしています。「点」で行っていたキャリア教育プログラムを「線」でつなげていく作業です。

淑与野生が身につける「5つの力」
淑徳与野のキャリア教育において、生徒たちに身につけさせたいと考えている5つの力。主体的に人生を切り拓き、リーダーシップを発揮できる女性を目指す。

高橋PDCA(Plan Do Check Action)サイクルやMBO(Management by Objectives)などの用語は、もともとビジネスの世界から来ていますが、生徒が主体的に目標を達成するように行動するうえでとても重要なことだと思います。そこで大切なのが、先ほどの剣道部の話にもあった目標設定ですね。本気で挑戦してみたいと思うような目標設定ができれば、そこから主体性も創造力も自然と湧き出してきます。

黒田たしかにそうですね。それがはっきりと成果に現れたのが、中学生全員が取り組む「創作研究※1」でした。高橋先生の助言を受けて実施の仕方を改めたところ、生徒たちの研究内容が格段にレベルアップしました。

高橋「創作研究」は思考力や表現力を育てるには絶好の機会です。生徒たちの成長につながる行事にするために大切にしたかったのは、本当にやりたいこと、知りたいテーマに取り組むこと。そして、インターネットや書籍で調べるだけに終わらせず、世界で自分が初めて見つけ出した研究にするよう何度も繰り返して伝えていただきました。剣道への思い入れの強い剣道部の生徒たちが、どんなに苦しくてもがんばろうという気持ちを持続させられるように、どうしても知りたい、調べてみたいと思うようなテーマを見つけることができれば、生徒たちはもっともっと熱中して“研究”に取り組みます。私が大学で担当しているリーダーシップの授業でも、課題解決型学習(Project Based Learning)といって、企業から与えられた課題にグループで取り組むというものがあるのですが、どれだけ本当にやりたいテーマを見つけられるかで、学生たちの取り組み方がまったく違ってきます。

黒田実際の取り組みをみてみると、好きなロックグループの曲の歌詞をすべて書き出して特徴を調べ上げた生徒や、マンガの名探偵コナンに登場する事件の「謎解き」が実際に可能なのか実験してみた生徒もいました。研究の方法も、自分で現場に行く、自分で試してみる、自分で作ってみるという風に、手足を動かして研究を進める生徒がとても多かったですね。創作研究の発表の場でもある2月の「芸術研究発表会」は、発表を聞いているだけでワクワクしてくるような研究ばかりで、これまでにも増してすばらしいものになりました。

高橋人は、自分が知りたいことややってみたいことに取り組むときは主体的で創造的になれますよね。そして、そうやって自分でいろいろな工夫を重ねていくことで力がついてくるとともに、学ぶことや成長することの楽しさに味を占めます。味を占めると、さらにいろんなことに挑戦しようとします。大学生を見ていても、授業のアシスタント、オープンキャンパスの手伝い、サークル、アルバイトと、さまざまなことに熱心に取り組んでいる学生は、そこからいろいろなことをどんどん吸収し、成長しているように感じます。

黒田淑徳与野のキャリア教育も、そうありたいと考えて改革に取り組んでいます。本校は高い進学率が大きな強みで、周囲からも勉強をしっかりやる学校だと見られています。確かに、小テストや学習課題や進学講座など、生徒が必ず取り組む勉強課題はたくさんあります。でも、それに負けないくらい、教科外の行事も組まれており、そこにかける生徒たちの「熱量」は大変なものです。たとえば、文化祭は全クラスから集まった実行委員が1年間かけて準備していますし、高校のアメリカ修学旅行も事前事後のワークを含めると半年近い時間をかけています。クラス対抗戦形式のスポーツ大会も、クラス単位で早朝練習や昼休み練習をして、大変な盛り上がりを見せます。ただ、少しもったいないと感じていたのは、ひとつひとつの取り組みで生徒たちは確実に成長しているはずなのに、その自覚がないかもしれないということです。

高橋そこで、PDCAサイクルをまわし、行事の目的と、結果、そこで何が身に付いたのかを「振り返り」によって意識させていこうということですね。

黒田そうです。2020年度から大学入試が変わり、従来型の学力に加え、思考力や表現力が問われるようになります。同時に、主体性や協働性も求められます。これらは従来型の講義式授業だけではなかなか身につきません。PDCAサイクルは、生徒の自覚を促すだけでなく、教員たちの目的と成果に対する意識を高めることにもつながります。

高橋それはとてもいいことですね。昨年度から高校にMSコースが設置されましたが、それも新しい入試制度に対応したものだとうかがいました。

黒田はい、その通りです。従来に比べ、表現力、創造力、主体性などを高めるカリキュラムを増やしています。具体的には、タブレット端末(ipad)を利用して情報リテラシーを身につける教育や、インターネットを利用した英会話レッスン、そして、先ほど、大学でも行われているというお話がありましたが、企業からの課題に取り組む課題解決型プロジェクトにも取り組んでいます。現在は、MSコースと中学校が先行して取り組んでいますが、今後は他のクラスにも広げていきたいと考えています。高橋先生には、また、さまざまな場面でアドバイスをいただきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。

高橋大学入試でも就職試験でも、学業成績だけでなく、それまでにどんな活動をしてきたかが問われるようになってきています。淑徳与野には、国際交流やキャリア教育のさまざまなプログラムがあり、成長につながる体験の機会には事欠きません。生徒たちが一つひとつの取り組みで「これをつかんだ」「こんな風に成長した」と自覚し、表現できるようになるといいと思います。私が接しているのは、生徒さんたちよりも、先生方の方が圧倒的に多いのですが、その先生方の熱意にいつも驚かされます。新しいことにどんどん挑戦して、ひとつずつ成果を上げていらっしゃると感じるからです。これからの淑徳与野の教育に、少しでもお力になれれば幸いです。

黒田本日はありがとうございました。