旅行会社に勤めて、世界や日本各地を飛び回りたい!

なぜ淑与野へ?

明るい校風が自分に合っていると思ったことと、面倒見の良い学校だと聞いていたから。学校を見に来た時、明るい校舎の雰囲気にも惹かれました。もちろん入学当初は、勉強についていけるかな、友だちと仲良くなれるかなと不安もありましたが、先生や生徒がとても明るく、すぐになじむことができました。そして、6年間過ごして思うことは、女子校は気が楽、落ち着く、居心地が良い、ということです。

中高6年間の思い出は?

文化祭やスポーツ大会などの行事が思い出深いです。もともと積極的に動くタイプではなかったのですが、いつかクラスや学校の行事で中心的な役割を果たしてみたいと思って、体育委員や文化祭のクラス責任者に挑戦しました。特に苦労したのは、高2の文化祭でクラス責任者を担当したときです。クラスで企画運営するアトラクションの準備は、時間もかかるし、個性の強いクラスだったので、意見がぶつかることも多く、まとめるのは大変でしたが、最終的に良いものができました。一つ一つの行事に参加することで、責任感も持つようになったし、私でもリーダーシップを発揮できるんだという自信を持つことができました。

将来の夢は?

将来の夢は、旅行会社に勤めること。ツアーコンダクターになって世界や日本各地を飛び回って活躍したいです。淑徳与野での6年間で、台湾、オーストラリア、アメリカと3つの国を訪れたことで、そう思うようになりました。
中学2年の「台湾海外研修」の時は、まだ「外国」がどんなものなのかわかっていなかったのですが、それでも、海外へ興味を持つきっかけになりました。
高校に入ってオーストラリアの姉妹校での短期語学研修に参加しました。1人でのホームステイは不安いっぱいでホームシックにもなりましたが、それを乗り越えて強くなれたと思います。英語が話せないのが悔しくて、帰って来てから「頑張ろう!」と思いました。
みんなで行った高校2年のアメリカ修学旅行は、本当に楽しかった。クラスみんなで最高の思い出を作りました。そんな旅の経験をたくさんの人にしてもらうお手伝いができたらと思っています。そして、ガイドとして、お客さんと一緒に楽しめたら、最高です!