淑与野Channels

国連や国際機関の職員となり世界の安定と平和に貢献したい! Y.T.さん 東京外国語大学国際社会学部へ進学

なぜ淑与野へ?

自転車で通学できるくらいに家から近いということが一番の魅力でした。広々として、清潔感にあふれた校舎も決め手のひとつです。この学校なら気持ちよく学習できると思って入学しましたが、快適さは想像以上。生徒が自然に集まってコミュニケーションがとれるスペースがいろいろ設けられている他、質問や相談に行きやすい場所に教員室があるなど、隅々まで“生徒のため”を考えた校舎になっていると思います。

中高6年間の思い出は?

中学3年の英国短期語学研修(希望者)が強く印象に残っています。親と離れて行くはじめての海外旅行ということで緊張感があり、ためらう気持ちも強く、せっかく迎え入れてくれたホストファミリーに対しても、なかなか英語が口から出てきませんでした。でも、次第に「文法や単語が合っているかどうかより、話さないことの方が問題だ」ということに気づき、積極的に話しかけるようになりました。声に出してみれば、何とか通じるものだということもわかりましたし、自分が努力して習得した英語でコミュニケーションがとれることに達成感と楽しさを感じました。

将来の夢は?

幼少期に外国に住んでいたことがあり、道順を尋ねたくても言葉が通じずに歯がゆい思いをするという経験を何度もしています。それを克服するためには言語を学ぶしかないと考え、英語の勉強には力を入れてきました。大学では、その勉強をさらに進化させることで国際的な舞台で活躍するための下地を作りたいと思っています。東京外国語大学は「英語」に超難問が出題されるなど、特別な受験対策が必要ですが、何度も何度も英作文の添削をしていただくなど、先生方の親身な指導のおかげで合格できました。大学では英語のレベルアップを図るとともに、ドイツ語の習得や地域研究にも取り組みたいと考えています。そして将来は、国連あるいは国際機関の職員として国際協力、国際支援の活動に従事して、平和で平等な世界の実現に貢献したいと思っています。

淑与野のいいところ

  • 先生がとても親身に指導してくれる
  • 校舎がきれいで清潔
  • 個人的には家から近いこと

Y.T.さん

2016年3月卒業。さいたま市出身。中学でバドミントン部、風紀委員、高校で競技かるた部、聖歌委員と幅広く活動。
東京外国語大学 国際社会学部。

卒業生Channel卒業生ch 高等学校