淑与野ニュース

【中学受験】「国語」は、ここがポイント!

前回に引き続き、今回は「国語」のポイントを少しだけ。

国語は勉強しにくく、しかも力がついたのかどうかわかりにくい教科です。でも、だからといって勉強を怠るとやはり高得点はのぞめません。どこから手をつければいいか分からない人は、まず過去問を解いてみてください。そして、本校の入試対策としては、特に次の2つの点に気を付けてみましょう。

1)記述問題は必ず解こう
国語の問題には必ず記述問題が含まれます。この記述問題で実は点差がついています。
記述問題は部分部分でポイントを決めて採点しますので、部分点がつくこともあります。一番いけないのは空欄にすることです。空欄では点数はつきません。記述問題は空欄にせず必ず答えを書くよう、心がけてください。

2)選択問題も全体を読んで解く
選択問題は文全体を読まないと解けない問題と、一部分を読めば解ける問題があります。
部分を読んで解ける問題は比較的皆さんよく解けています。点差がつくのは文全体を読まないと解けない問題です。部分で読むのか、全体を読んで解くのか、見極めをした上で選択問題を解くといいでしょう。

国語は、ほんのちょっとしたことがきっかけでできるようになります。まずは問題に取り組んでみましょう!(黒田)

2012年12月19日 22:33