淑与野ニュース

【中学受験】第1回入試の出願を締め切りました

本日午後4時で、第1回入試の出願を締め切りました。
総出願数は1027名、前年比約10%の増となりました。

今年度の中学入試は全体的に出願数が減少する傾向がある中、本校の出願が2桁の増加となりました。いろいろな要因があると思いますが、一番はっきりしていることとして、高等学校校舎の移転が挙げられます。これまで、駅からスクールバスを利用していた高等学校が中学校隣接地に移転することが決まり、通学の便が飛躍的によくなるからです。昨年のブログにも書きましたが、アクセスだけでなく、教育の中身においても一貫教育をさらに充実させていけるよう準備しています。

志願者増は、学校にとっては大変喜ばしいことですが、受験生にとってはそれだけ競争が厳しくなるということなので、ご心配かもしれません。でも出願数をそれほど気にする必要はありません。
ご承知の通り、埼玉県の私立中学校入試は他県に先駆けて実施されますので、第1希望ではない方も数多く受験されます。本校においても、それを見越して合格者を多めに出すからです。
昨年の実績を見ていただければわかるように、第1回入試の志願者数は937名、受験者数は920名、合格者数は494名で、実質倍率は1.9倍。約半数の方が合格しています。合格ラインも、例年「受験生平均点+5点以内」で大きな変化はありません。もちろん、合格ライン付近では、1点の中に何十人もの受験生がいます。1点の差が大きな順位の差になるのはどこの入試でも同じです。
細かな点に気を配って、小さな間違いをしないよう、落ち着いて解答し、日ごろの勉強の成果を十分発揮してください。

では、1月13日の試験日にお会いしましょう。
頑張ってください。

2014年1月 7日 16:37