淑与野ニュース

【中学受験】第2回入学試験を終えて

第2回入学試験を4日に行い、5日に合格発表いたしました。
受験者は157名、合格者は36名でした。
また、繰り上げ候補者として、別に38名発表しています。
詳細はこちらでご欄ください。
(http://www.shukutoku.yono.saitama.jp/junior/exam/current.html)


第2回試験の時に控室で節分のお話をさせていただきました。
節分の時、一般には「福は内、鬼は外」と言って豆をまきますが、仏教では「福は内、鬼も内」といいます。「福」だけが「内」で、「鬼」は「外」というのは「餓鬼道」です。いいことも、そうでないことも、この世に起こる出来事はすべて理由あってのこと、と受け止めていくのが「諸法無我」という仏教の考え方です。そして、私たちの身の回りに起こる様々な出来事を、私たちは「ご縁」と呼んでいます。

入学試験もまた、この「ご縁」の一つの形です。

入学が決定する学校との「ご縁」は、時に、皆さんの「志望」や「希望」とは異なることもあります。でも、その結果が、一人ひとりにとって、かならずや最善の「ご縁」なのだと、私たちは信じています。そして、5年後、10年後に「確かに最善のご縁だった」と言っていただけるように、教育指導をしていくのが私たちの勤めだと考えます。みなさんも、長かった中学受験から得られたこの「ご縁」を大切にしていただき、将来に向けて素晴らしい果実を実らせられますよう、ぜひとも努力を続けてください。

合格された受験生のみなさん、おめでとうございます。
4月からみなさんと一緒に学べることを楽しみにしています。

最後になりますが、本校に関心を持っていただき、また受験していただいたすべてのみなさん、保護者の皆様、関係者の皆様に心より御礼申し上げます。(黒田)

2014年2月 5日 16:31