淑与野ニュース

【中学・高校】平成26年度入学式を挙行しました

4月8日(火)、中学校と高等学校の入学式がそれぞれの校舎で挙行されました。
中学校は第10期生120名、高等学校は66期生392名が入学。真新しい制服に身を包んだ新入生たちは、厳粛な式の雰囲気に少し緊張した様子でした。
今日から、新しい学校生活が始まります。新しい友達、新しい先生と共に、勉強にクラブ活動にと、せいいっぱい頑張ってください。


当日は今年一番の好天に恵まれ、校庭の桜も新入生の門出を祝っているようでした。
高等学校の入学式は、午前9時から体育館で挙行されました。高等学校は、来年4月に新校舎への移転を予定していますので、この体育館で行われる入学式は今回が最後になる予定です。
300_IMG_9579.jpg300_MG_9515.jpg

中学校の入学式は午後1時より、中学校体育館で挙行されました。仏教式の式典に驚いた生徒も多かったようですが、校長先生のユーモアあふれる式辞に笑顔がこぼれ、明日からの学校生活が楽しみになったのではないでしょうか?
j300_MG_9627.jpgj300_MG_9608.jpg

式典には、学校法人大乗淑徳学園理事長 長谷川匡俊先生をはじめ、多くのご来賓の皆様にご列席を賜りました。アメリカからは、本校の姉妹校であるブランチェット・カソリック・スクールのブライアン・ハインズ校長先生ご夫妻がお越しくださり、「さまざまな経験をしなさい。それがみなさんの力になる」と力強いメッセージをいただきました。
j300IMG_9624.jpg300-IMG_9595.jpg

式の後、会場を出ると、在校生が花束を持ってお出迎え。これからの学校生活を一緒に楽しく過ごしていきましょう。
300IMG_9530.jpgj300_MG_9640.jpg

2014年4月 9日 10:40