淑与野ニュース

【高校】新しいキャリア教育の試み。高1生が「インパクト体験棚卸し」のワークショップを実施

600_cover.jpg600_IMG_9233.jpg600_form.jpg
600_IMG_9255.jpg600_IMG_9228.jpg600_IMG_9243.jpg

9月9日(水)・11日(金)・18日(金)の3回シリーズで、高校1年生全9クラスを対象として、「インパクト体験棚卸し」という教育実践を行いました。これまでの様々な人生経験の中で、特に強く印象に残っていること、現在の考え方や行動に影響を与えていると思われるような出来事を「インパクト体験」と呼び、その中からどのような強みを身につけてきたのか、どのような考え方を持つにいたったのかをじっくり考えてみよう、という取り組みです(これを「インパクト体験棚卸し」と呼んでいます)一言で言うなら、「過去の体験から、自分の将来について考えること」・・・。今回は、クラス混合3人ずつのグループを作り、ほぼ初対面の同級生に、自分の来歴を素直に語ってもらい、最後には、「こんな社会にしたい」「こんな人を応援したい」「自分はこうなりたい」など、自分の「夢」や今後進むべき「道」を具体的に書き出してもらいました。確かに、初めの方こそつつましく遠慮がちだったメンバーも、最後には情報を共有し合い、少しでも支え合える仲間となった様子。人生のよき応援者を得て、「夢」に邁進していく原動力になったのではないでしょうか?

この「インパクト体験棚卸し」は立教大学経営学部特任准教授の高橋俊之先生が大学における「リーダーシップ」の授業の中で実践されている取り組みをベースに、本校のキャリア教育の核となるように、教員たちが1年間かけて作り上げたプログラムです。昨年、中学校でスタートさせたところ、生徒たちの反応も良く、今回、高校1年生全員を対象として、大規模なワークショップを実施することになりました。

(プログラムの内容についてはこちらをご覧ください→)
http://www.shukutoku.yono.saitama.jp/career_system/interview.html

 ここでは、事後に提出してもらった生徒たちの感想文をいくつかご紹介します!

・今回、他クラスの子達と意見を交わすことで、自分の全然知らなかった世界(と言ったら大げさかもしれないが)が少し見えた気がしました。特に私は、高入生の子と話すことで、自分と違う価値観の人の意見を聞けて、とても良かったと思います。今までも何となく、自分はこういう大人になりたいなと考えてはいたけれど、こうやって実際にやってみることで、やっぱりそうだったなと、自分の目標・意志を再確認することが出来ました。今後も、書いてくれた応援の言葉を糧に頑張って行きたいです。

・最初の1・2回目のときは、正直「こんなこと、やる意味あるのかなあ。」と半信半疑な気持ちでした。ですが、今回、3回目のインパクト体験棚卸しをやり、友達と「こんな社会になったらいいな」や「こんな人になりたい」という話をし合って、私の中の私に気付くことができたと感じました。また、自分の考えたことを相手に伝え、相手の意見も聞いてみることで、より将来について前向きに考えることができたと実感しています。最後に、一緒のグループになった二人と応援メッセージを書き合ったことで、“もっと頑張りたい!!!”と思えるようになりました。

・過去のマイナスの話はあまり皆の前で堂々と話さないので、すごくいい経験になりました。プラスの面を話すのは、すごく楽しいけど、マイナスの自分を話すのは、少し恥ずかしかったです。一回も話したことのない人だったので、話がはずむか心配だったのですが、また他クラスに友達が増えて良かったです。

・全く話した事のない人と自分の過去について話すのは、少し緊張したり、ちゃんと会話が弾むかどうか心配だったりしたけど、私の班では話がとても合って、仲良くやっていくことができた。また、その二人とは廊下ですれ違った時とかもちょっと話したりして、とても個人的にも仲良くなれて嬉しかった。また、自分が体験したことのないような話を聞いて、これからの自分と重ね合わせてみたりして考えることができ、この3回の授業を通して良い体験できた。

・16年しかまだ私は生きていないのに、思えば色々なことがあったものだと、これまでの私の人生に驚いた。いや、もしかしたら、私がすぐに思い出せないだけで、今まで私の人生を動かした、大小さまざまな出来事があるのだろう。今の自分を形作っている根っこの部分を、少しだけ見られたような気がする。また、十人、性格も環境も違う人がいれば、十人だけ違う人生があり、それは全く誰かと同じということは決してない。だからこそ、私達は人から学ぶことができるのであり、逆もまた然りなのである。普段はなかなか話す機会のない中入生の女の子とも話すことができたので、とても新鮮な気持ちで体験できた。自分の視野を広げる良い経験だったと思う。

2015年11月 3日 10:04