淑与野ニュース

【中学・高校】平成29年度入学式を挙行しました

4月8日(土)、中学校と高等学校の入学式を挙行しました。
午前と午後に分け、午前中は高等学校70期生362名、午後は中学校13期生122名の新入生を迎えました。アメリカ、オレゴン州ポートランドから、高校の修学旅行でお世話になっている本校の提携校、コロンビアクリスチャンスクールのケビン・リード学園長先生をはじめ、たくさんのご来賓の方々にご列席いただき、式典は厳粛な雰囲気の中で執り行われました。
入学式のハイライトは新入生代表が発表する誓いの言葉。緊張が強いられる中、中学生・高校生ともに立派に誓いの言葉を発表しました。
中学生の誓いの言葉では、合格証書の言葉の一節を引きながら「『空よりも広い心と、海よりも深い教養を備え、誇りある女性に』私たちもそうなれるように精一杯努力することをお約束します」という力強い言葉がありました。
また高校生の誓いの言葉では「準備登校の際、教室が分からず慌てふためいていた私を、先輩方が丁寧に案内して下さいました。そんな優しく心配りをして下さった先輩方の温かさに、強い尊敬と憧れを抱きました。」「私たちは、支えられるだけではなく、他を支え、助けられる人間になっていきます」という素晴らしい約束をしていました。
真新しい制服に身を包んだ新入生たちは少し緊張した様子でしたが、さっそく今日から、新しい学校生活が始まります。新しい友達、新しい先生と共に、勉強にクラブ活動にと、せいいっぱい頑張ってください。

2017年4月10日 14:49