淑与野ニュース

【高校】MSコース1年生の代表チームが「企業インターンワーク」全国大会に出場

1年9組MSコースは、今年度、「TWICE PLAN」の提案する「企業インターンワーク」に参加しました。この取り組みは、朝日新聞社・日本航空・KDDI・ローソンなどの有名企業各社の指令に応えつつ、新商品などを企画・立案、グループごとに制作したパワーポイントやPR動画などを使って、実際の企業の方々に向け、実戦さながらのプレゼンテーションを行うものです。
このたび、1年9組の中島明音さん・中野日香理さん・林優奈さん・細川舞夕さんの4名で結成した「いしちゃんず」が見事一次審査を通過し、3月17日(日)に実施された全国大会(トゥワイス・アウォード2018)に出場しました。日本全国で9,639名もの中高生が参加したこの大会ですが、このうち全国大会に出場できたのは、たったの252名でした。
いしちゃんずが取り組んだ、大塚製薬から出された指令は、「働く女性が毎朝食べたくなるような、“栄養”あふれる新製品を企画提案すること」。
いしちゃんずは、毎朝忙しく、健康を害しがちな働く女性たちの美容と健康、手軽さなどを考え、「パイナップル果粒 チアシード入り果実ジュース」を提案しました。
大塚製薬の方からは、「文化祭でアンケートを取り、客観的な意見を広く取り入れたこと。実際に作ってみて、改善していったことは大変よい」とのお褒めの言葉を頂戴することができ、メンバーも感謝感激。
残念ながら、更なる上位入賞こそ逃しましたが、「優秀賞」をいただくことができました。
この日は、たくさんの参加校の超高校級の素晴らしいプレゼンテーションに触れることができ、そのノウハウを数多く学ぶことができました。さらには、勉強をやるべきものとしてただ受け身に取り組むだけでなく、むしろ勉強することで世の中を変えていく力が得られるのだという、明るい未来を感じ取ることができ、自分たちの将来について、深く考えさせられた1日となりました。

2019年3月17日 00:50