淑与野Channels

大学で世界の歴史や文化を学びながら実際に世界各地を訪れて知識を深め、自分の活躍できる場所を見つけたい! H.M.さん 埼玉大学教養学部へ進学

なぜ淑与野へ?

インターナショナルコースで、海外研修に参加したかったからです。中学生のころ、帰国子女の友達がいて、英語がしゃべれることがうらやましく、負けたくないという気持ちを持っていました。淑徳与野に海外の高校に通えるコースがあると知って、両親に「費用は掛かるけど、絶対頑張って結果を出すから!」と頼んで参加させてもらいました。

高校3年間の思い出は?

インターナショナルコースで、アメリカ・ポートランドでの海外研修に参加したことです。3カ月間のアメリカ生活で一番の思い出は、学校の「タレントショー」(日本の学芸会のようなもの)に出演したことです。学校の食堂にピアノが置いてあったのですが、ある日「アナ雪」をちょっと弾いてみたら、食堂にいた小学生から高校生までがみんなで歌ってくれて、すごく盛り上がったのです。そのことがきっかけで、学校のタレントショーに出演することになり、なんと準優勝で表彰されてしまいました。日本にいたら、一目を気にしてそんなことは絶対しなかったと思います。みんなが積極的なアメリカの雰囲気のおかげで度胸がつき、何事もまずはやってみないとダメだと考えられるようになりました。 英語も、特にリスニング力が身についたので、日本に帰ってきてから文法やリーディングの成績も伸びるようになって、センター試験でもかなり点数を稼げたので、その点でも「結果」が出てよかったと思います。

将来の夢は?

大学時代は、世界中を旅して、様々な文化に触れて、たくさんの知識を身につけたいですね。小説が好きなので、日本語や日本文学についても学びたいですし、西欧の文化について理解を深めるために、ギリシャ語やラテン語も学んでみたいです。ホメロスをギリシャ語で読めたら、世界の見え方が変わってくるのではないかと思うからです。具体的にどんな仕事に就くかはまだ決めていません。世界でいろいろな人と接する中で、自分にできることを探していきたいと思っているからです。この国にこんな楽しそうな仕事があるんだと思ったら、その仕事に就くかもしれないし、日本にいながら、世界と関われる仕事があるかもしれません。それを見つけるのが楽しみです。

淑与野のいいところ

  • 新校舎がとてもおしゃれです!
  • 個性を生かして、たくさんの人と思い出が作れる
  • 海外に行く機会が多いので、英語を学びたい人にお勧め
  • 仏教について詳しくなれる

H.M.さん

2017年3月 選抜B卒。白岡市出身。音楽部所属。聖歌委員、クラブ運営委員としても活躍。インターナショナルコースでアメリカ・ポートランドで3カ月間の海外研修に参加。
埼玉大学 教養学部。

卒業生Channel卒業生ch 中学校

2016年度卒業生