卒業生Voice

My Future is Now 未来に向かって動き出した卒業生H.O.さん

淑徳与野で、未来を見つけた。
持続可能な社会に貢献できる
コンサルタントになりたい

H.O.さん

淑徳与野で6年間を過ごして、一番良かった思うのは、自分の性格を“強み“に変えることができたことです。中学1年の「ドリームワークショップ」にはじまり、「職業体験」、「生徒会活動」、高校では「インパクト体験ワークショップ」「アメリカ修学旅行」など、淑徳与野でのさまざまなプログラムを通して、自分が”今”やりたいことと”将来”やりたいことを見つけることができました。そして様々な活動を通して、自分を見つめ直すことができたし、他人からのフィードバックで自分のリーダーシップについての考えも変えていくことができました。

高校で「働くこと」について沢山勉強してきたので、大学では、アルバイトやインターンシップに参加して、実際に働いてみたいという気持ちが強いです。従業員の立場に立ってみたら、労働環境についてどう感じるのか、またお店側として顧客に何を思うのか、実際に体験しその学びをまた勉強につなげていきたいです。

将来については、まだ具体的には決まっていませんが、企業に勤め、広報活動や組織運営がしたいと考えています。自分の所属しているものに愛着が湧くタイプなので(愛校心が強かったり)、会社や商品を好きになれる会社に就職し、それらを世の人にアピールしたり、売れるために工夫を凝らす仕事がしたいです。

その時に、CSV(共通価値の創造)などを考慮した会社や商品だとより好きになれるなと思い、大学でCSVについて勉強しようと思いました。そしてゆくゆくは企業コンサルタント、組織開発コンサルタントとして多くの企業・社員・商品をより良くし、環境に優しく日本の経済を動かしていきたいです。

H.O.さん

Profile

H.O.さん
法政大学人間環境学部へ進学

2021年3月卒。中学ではテニス部、高校では弓道部に所属。「一番の思い出はアメリカ修学旅行です。友だちとの楽しい一生の思い出になり、アメリカならではの学びを得ることができました。特にNIKE本社に行ったことが印象に残っています」

なぜ淑与野へ?

淑徳小学校に通っていて、系列校として受験しました。学校を見学した際、在校生のキラキラした笑顔と元気な挨拶が印象に残り、こんな中学生になりたいと憧れていました。入学当初の印象は、校長先生などの多くの先生方が面白く、生徒との距離が近い印象でした。そのおかげですぐに学校生活に慣れることができたと思います。

後輩にメッセージを

淑徳与野は、親身になって共に歩んでくれる先生方がいて、また自分の未来の道を探すプログラムが充実している最高の環境です。自分からやりたいと思ったことにどんどん挑戦していけば、それがのちに役に立つと思います。そして、友だちと一緒に何事も楽しんで、素敵な6年間を過ごして下さい!勉強との両立は大変ですが、部活や行事などを思い切り楽しむことも大切だと私は思います。そうすればきっと卒業する頃に、淑徳与野で良かったと振り返ることができると思います。沢山の「ご縁」を大切に、頑張ってください。

※このページの情報は、本校を卒業した時点のものです。