News

33名がアメリカ・カナダへ出発。インターナショナルプログラム

1月14日(金)、インターナショナルプログラムに参加する高校1年生33名が、目的地アメリカ・カナダに向けて出発しました。コロナ禍で様々な制約がある中、学校も生徒たちも協力会社のみなさんにも万全の準備をしていただいての出発です。

国際教育主任の池田佑介先生がメッセージを寄せています。

池田「コロナ禍でも、国際交流プログラムを続ける理由は、教育機会の確保です。世代・年代によって国際教育・留学・国際交流ができたりできなかったりするのはあまりにも不公平。生徒たちは生まれてくる年を選んできているわけではないので、どんな状況下においても生徒たちが望む国際交流の機会を提供し、成長の糧にしてほしいと強く思っています。
現地や間を取り持つ協力会社のみなさんと協力して、万全の感染対策を取りながら、留学・国際交流プログラムを実施していきたいと考えています」

インターナショナルコースは約3カ月間、ホームステイをしながら現地の高校や英会話スクールに通います。健康に気をつけて有意義な生活を送ってください。

2022年1月14日 18:59