卒業生Voice

My Future is Now 未来に向かって動き出した卒業生R.E.さん

ジェンダー学を学び、
男性も女性も活躍できる
社会を作りたい!

R.E.さん

淑徳与野に入学したことで、ほんとうにいろいろな経験ができてよかったと思います。

特に国際交流の面では、1年の春休みのオーストラリア語学研修と2年秋のアメリカ修学旅行は貴重な体験でした。オーストラリアでは、一人でのホームステイで英語が聞き取れずに苦労しながら、学校の授業やホストファミリーと交流し、とにかく2週間一人で海外生活できたことが自信になりました。

その経験を生かし、アメリカ修学旅行のホームステイでは、よりスムーズに話すことができるようになりました。日本と両国との違いも感じることがありました。オーストラリアの高校の授業はグループワークが多く、生徒たちが活発に議論していました。アメリカのホームステイ先では「トランプ大統領についてどう思うか」と家族で政治について話し合う様子に驚かされました。そのような経験から、英語を話す力だけでなく、自分の考えをはっきり伝えることの大切さを感じました。

大学では「ジェンダー学」を学びたいと考えています。せっかく有名大学を出て、有名企業に就職しても、数年で結婚して会社を辞めてしまう女性がたくさんいます。理由の一つに「仕事がつまらないから」というのがあるそうですが、逆に考えれば、女性に面白い仕事が与えられていない、社会の仕組みに問題があるのかもしれません。また、「女性は子どもを産んで家庭を守る」という固定観念は、男性だけではなく、女性自身にもあるように思います。

大学では、まず、実際の社会がどうなっているのかを学び、どうしたら、女性が楽しく仕事をし、バリバリ稼げる社会が作れるのかを考えてみたいと思っています。そのために、大学も最初は「ジェンダー学」では有名なお茶の水女子大学に進学したいと思っていたのですが、しかし、女性の生き方を考えるのに女子だけの均質な環境よりも、男子も含めた多様な学生と議論できる方がいいと考え、慶應に進学することにしました。

R.E.さん

Profile

R.E.さん
慶應義塾大学 文学部 1年

2020年3月選抜B卒。ネイティブの先生が顧問を務めるESS部入り、熱心にディベートに取り組む。「週1の活動のために、週5日準備をすることもありました」

なぜ淑与野へ?

東京都出身で、高校受験では難関大学の付属校を目指していたのですが、見事に失敗! 塾の先生に「淑徳与野なら女子校で面倒見も良いからしっかり大学受験に取り組める」と勧められ、併願校として受験しました。

後輩にメッセージを

県立高校や都立高校の受験に失敗して入学してくる人も多いと思いますが、この学校には一生の思い出と一生の友だちを作れる環境がありますし、リベンジに燃えて学業に励んだら絶対に第一志望の大学に合格できるので、安心してがんばって欲しいと思います。私自身、高校受験で大学の付属高校に合格していたら、こんな経験はできなかったと思います。当時は考えられなかったようなお茶の水女子大や早稲田、慶應にも合格することができました。卒業した今も、本当にこの学校に来てよかったと思っています。

※このページの情報は、本校を卒業した時点のものです。