卒業生Voice

My Future is Now 未来に向かって動き出した卒業生R.S.さん

セキュリティエンジニアになって、
安心して暮らせる
情報社会を作りたい!

R.S.さん

高校1年生のときの「職業研究」という総合学習でいろいろな学問を調べ、その中で特に情報やセキュリティに関心を持つようになりました。

たとえば、インターネットを見ていてウィルスに感染したというような話を聞きます。せっかく情報技術が進んでも、安心して利用できなければ役に立ちません。そこで、情報システムの安全を守るセキュリティ技術を研究したいと考えるようになりました。

最近では、人の代わりに考えたり判断したりする人工知能(AI)や、すべてのものがインターネットにつながるIOT技術など、さまざまな最先端技術の開発が進み、車の自動運転や、話しかけるだけで家電製品を動かすスマートスピーカーなど、新しい商品がどんどん開発されています。でも、便利になればなるほど、システムを悪用されたときのリスクは大きくなります。自動運転中の車に問題が起これば人の命に関わりますし、スマートスピーカーを家の外から操作されてしまえば、簡単に家に侵入することもできてしまいます。だからこそ、ますます高度なセキュリティ技術が必要になるのだと思います。

電気通信大学は、情報工学に強い国立大学です。情報セキュリティを専門とする研究室で学び、IOTセキュリティの研究者として、安心して暮らせる情報社会の確立に貢献したいと考えています。

R.S.さん

Profile

R.S.さん
電気通信大学 情報理工学域 1年

2020年3月選抜A卒。趣味は読書。中国語が少し話せます!

なぜ淑与野へ?

最初は公立も考えていたのですが、説明会に参加して、校内見学をして校舎がとてもきれいで雰囲気がよかったので、「ここがいいな!」と決め、単願で淑徳与野を受験しました。入学時はS類だったのですが、高校2年に進級するときに選抜Aに転類しました。

後輩にメッセージを

最初は勉強が大変だと思いますが、最初がんばれば勉強のペースに慣れてきますし、後になってみると「やっぱり、やっておいて良かった」と思えるときが来るので、ぜひ頑張ってください。女子校で気兼ねなく生活でき、アメリカ修学旅行や文化祭などのイベントも思い切り楽しめました。3年間で「明るくなったね」と言われるのも、淑徳与野だったからだと思います。

※このページの情報は、本校を卒業した時点のものです。