カンボジアに学校を 淑徳与野なでしこスクール

淑徳与野なでしこスクール@カンボジアを訪問!!

JHP・学校をつくる会
JHPは、JAPAN TEAM OF YOUNG HUMAN POWERの略。カンボジアを主な対象国とし、「学校」や「教育」をテーマに、人道的な支援を志す若い人々が集まる認定NPO法人として1993年から活動しています。代表は、脚本家の小山内美江子さん。

本校では、心の教育の観点から、文化祭での収益や、修学旅行の際に発生する航空会社のマイレージをNGOなどの団体に寄付する活動を行ってきました。2008年度からは、「JHP・学校をつくる会」の活動に協力して、カンボジアに学校を建設する事業に取り組み、2010年3月、カンボジアのスヴァイリエン県にあるチッダイ中学校に「淑徳与野なでしこスクール」と名づけた校舎が完成しました。

支援活動を始めて8年目。
まだまだ、私たちにできることがあります。

昨年は、文化祭の収益や募金活動でお預かりしたお金で学校に新しいトイレを作りました。現地を訪れた生徒たちは言います。「私たちが学ぶこともたくさんある。一方的な“支援”じゃなくて、お互いを尊重する“交流”を続けていきたい」と話しています。

活動内容

2016年
3月生徒代表がなでしこスクール訪問(第5回)
2015年
10月文化祭の収益とマイレージをJHPに寄付
9月アメリカ修学旅行
6月第67回淑煌祭
2014年
10月文化祭の収益とマイレージをJHPに寄付
9月アメリカ修学旅行
6月第66回淑高祭
3月生徒代表がなでしこスクール訪問
2013年
10月文化祭の収益とマイレージをJHP に寄付
9月第65回淑高祭、アメリカ修学旅行
2012年
10月文化祭の収益とマイレージをJHP に寄付
9月第64回淑高祭、アメリカ修学旅行
3月生徒会と文化祭実行委員会の代表4名が「淑徳与野なでしこスクール」を訪問
2011年
10月文化祭の利益をJHPに寄付
9月第63回淑高祭、アメリカ修学旅行
2010年
10月文化祭の利益とマイレージをJHPに寄付
9月第62回淑高祭、アメリカ修学旅行
3月23日「淑徳与野なでしこスクール」贈呈式「淑徳与野なでしこスクール」贈呈式に生徒代表6名(文化祭実行委員4名と生徒会総務2名)が出席(於 カンボジア スヴァイリエン県 チッダイ中)
2009年
11月4日成道会において小山内代表(JHP学校をつくる会代表)が講演(於 本校体育館)
10月14日文化祭利益と2学年修学旅行マイレージをJHPへ寄付(於 JHP事務所)
9月
5日・6日
第61回淑高祭
(カンボジアについて展示)
5月11日JHP事務局中込祥高氏、大平初美氏の講演 (於 本校内)
1月15日成道会においてJHPに参加している卒業生によるボランティア体験報告(於 本校体育館)
2008年
12月12日2年生修学旅行のマイレージ寄付について、JHPとノースウェスト航空から感謝状をいただく(於 本校体育館)
11月11日カンボジア視察の報告(於 本校体育館)
10月26日
~31日
カンボジア現地視察<代表生徒6名>(文実4名と生徒会総務2名)がカンボジア視察
地域や年齢の枠を超えて汗を流すことでカンボジアの手助けになるだけでなく私たち自身を成長させてくれるはず。2008年10月に実施された現地視察の記録です。
10月7日文化祭利益と2学年修学旅行マイレージをJHPへ寄付(於 JHP事務所)
9月
6日・7日
第60回 淑高祭
7月19日2学年保護者会におけるJHP小山内美江子代表の講演。
講演後、小山内代表と文化祭実行委員の対談(於 さいたま市民会館)
6月28日JHPの活動に参加している卒業生との対談

活動に関わって

なでしこスクールは村の“宝物”だった。

私たち生徒会の代表は3月に視察に行ってきました。
現地についてまず驚いたのは、生徒や先生はもちろん、その保護者の方たち、小さい子供たち、村の長老のような人たちまで、村中の人が集まって出迎えてくれたこと。私たちを歓迎してくれていることをうれしく思うと同時に、それほどこの中学校を大切に思ってくれているんだな、と感激しました。カンボジアは不幸な歴史から立ち上がり、今復興に向かって国中が活気にあふれています。生徒たちもそれぞれに夢を持って元気に勉強していました。その笑顔に、たくさんの勇気をもらって感じたのは「これからは一方的な“支援”ではなく、お互いの良いところを学びあう“交流”を続けて行きたい」ということです。
2014年度生徒会長 鈴木奈子さん

私たちに『できること』を続けていきたい

『なでしこスクール』には、現在、約300人の生徒がいて、とても仲良く学んでいました。現地では交流会を行い、お互いに言葉が通じない中、みんなで折り紙を折りました。複雑な折り方も、真剣な表情で理解しようとしてくれました。この時、お互いの距離も縮まったような気がしました。将来の夢についても話し合いました。“夢のために毎日勉強を頑張っている”...そうわかった時、私たちの活動がとても力になっていると感じ、うれしく思いました。同時にこの活動に誇りを持ちました。これからも、私たちに『できること』を続けていきたいと思います。
2011年度文化祭実行委員会 北岡璃子さん
私たちはこれからも、文化祭の利益や修学旅行マイレージのJHPへの寄付を続け、ピアニカなどの備品もチッダ中学校へ寄付しようと考えています。JHPのみなさんがおっしゃる通り、校舎が完成したら終わり、というわけではなく、私たちに「できること」を継続して支援してゆきたいと思います。
2009年度生徒会長 青鹿友美さん
私は、カンボジアへ視察に行く前に、「カンボジアの人たちは貧しい国で育ってかわいそうだな」と思っていました。しかし、実際にカンボジアに行ってみると、そんなことはまったくありませんでした。現地の人たちの笑顔は、不幸とは程遠く、幸せに満ちたものでした。確かに、現地の人たちは貧しい生活を送っていました。しかし、それは「不幸」なのではなく、少し「不便」な生活を送っているに過ぎないのです。私はこの経験を通して、「私にもできることはないだろうか」とあらためて考えさせられました。
2008年度生徒会長 橋本愛里さん