淑与野Channels

放射線治療の技術者あるいは研究者として病気に苦しむ人の役に立ちたい! Y.H.さん 東北大学医学部へ進学

なぜ淑与野へ?

中学生のころから高校は女子校に行こうと決めていました。淑徳与野は、埼玉県内の私立女子校の中でもレベルが高く、受験指導に熱心だということを知り、目標大学に合格するために、この学校で自分を鍛えようと考え受験しました。聞いていた通り、小テストが多くて勉強は大変でしたが、同じ目標を持った類型制クラスの仲間たちと助け合いながら、受験に直結した勉強を続けることができ、第一志望の東北大学に合格することもできました。

高校3年間の思い出は?

アメリカの一般家庭にホームステイをする2年次の修学旅行が一番の思い出です。初めての海外旅行ということもあり、とても緊張しましたが、貴重な体験をたくさんすることができた充実の一週間でした。単なる観光旅行では知り得ないアメリカの習慣や文化、アメリカ人の考え方などをホストファミリーと接することで知ることができ、物事をとらえる視野も少しは広がったのではないかと思っています。英語がまったく通じなくて困ったこともありますが、相手を思いやる優しい気持ちで接してくれたホストファミリーの方々のおかげで楽しい思い出ばかりが残る修学旅行となりました。

将来の夢は?

放射線に関する勉強をしようと思ったのは、3・11の東日本大震災がきっかけです。原子力発電所の事故があり、放射線についてマスコミが取り上げることが増えましたが、その割に、私を含めて多くの人がその実態を知らないのではないかと思ったからです。放射線に関する知識を深めていき、将来は放射線技師として病気で苦しむ方の手助けをすることが今の目標。ただ、女性の研究者が少ないので、女性のがんの治療などに用いられる放射線治療を発展させるための研究に従事するという道も考えています。大学4年間のさまざまな勉強、出会い、体験などを通して、本当に興味がもてること、自分の力を存分に生かせる分野を模索していきたいと考えています。

淑与野のいいところ

  • 先生方の学習指導が熱心
  • 仏教教育が受けられる
  • 類型制がある
  • 通学に便利
  • 海外研修が多い

Y.H.さん

2016年3月 選抜A卒業。新座市出身。趣味は、空を見ること、写真を撮ること。
東北大学 医学部保健学科放射線技術科学専攻。

卒業生Channel卒業生ch 中学校