淑与野Channels

3カ月間のアメリカ生活で積極的になれた。キャビンアテンダントになる夢を追いかけます! Y.M.さん 明治大学経営学部へ進学

なぜ淑与野へ?

高校生になったら留学したいと言う私の希望を聞いて、中学校の先生が勧めてくれたのが淑徳与野でした。説明会に参加してみると、3カ月間の海外研修が組み込まれたインターナショナルコースをはじめ、たくさんの国際交流プログラムがあることを知り、「ここしかない!」と決め、単願で受験しました。類型制で目標に合った勉強ができることも決め手となりました。

高校3年間の思い出は?

海外研修
インターナショナルコースの海外研修は1年次の1月から4月初旬まで。毎年40~50名が参加しています。

インターナショナルコースで、アメリカ・シアトルで過ごした3カ月間です。最初は日本との違いに戸惑い、つらいこともたくさんありました。アメリカの高校生はとても積極的で授業中もどんどん意見が飛び交います。私は先生の言っていることもわからずオロオロするばかり。ホストファミリーともなかなか意思の疎通ができず、ホームシックになって泣いたこともありました。でも、自分は何のためにアメリカに来たのだろうと考え、少しずつやれることから始めてみました。クラスメイトに話しかけてみたり、分からないことは先生に質問したり、ホストファミリーにも身振り手振りで言いたいことを伝えたり……。そうしているうちに、まわりの人たちの接し方も変わってきて、最後には、「永住してもいい!」と思えるくらい現地での生活が好きになれたのです。
帰国後の私も変わりました。どんな時にも積極的に行動するようになり、みんなにも「明るくなったね」と言われ、生徒会にも立候補して、「何でも挑戦してみよう!」という気持ちがわいてくるようになったのです。私を大きく成長させてくれた3カ月間でした。

将来の夢は?

留学したいと思ったのも、キャビンアテンダントになりたいという夢があったからです。小さいころ、初めて家族で海外旅行に行ったときに、不安な顔をしていた私に外国人の客室乗務員が優しく話しかけてくれて、そのことがとてもうれしく、記憶に残っていました。その人への憧れから、私もいろいろな国の人と心が通じ合える客室乗務員になりたいと思うようになったのです。高校時代にインターナショナルコースや生徒会活動を通して学んだことを生かし、大学でも積極的にいろいろなことに挑戦したいと思っています。そして、自分のためだけでなく、人のために行動できる素敵な女性になりたいです!!

淑与野のいいところ

  • 国際交流のプログラムが豊富
  • 女子校なのに? 女子力が高い
  • 礼儀作法が身につく
  • ポジティブな人が多くて、自分もやる気がわいてくる

Y.M.さん

2017年3月 S類卒。川越市出身。ダンス部・生徒会総務で活躍。趣味は洋画鑑賞と運動。インターナショナルコースで、3カ月間アメリカでの海外研修に参加。
明治大学 経営学部。

卒業生Channel卒業生ch 中学校

2016年度卒業生