「知は力なり」を実践できる小学校の先生になりたい

なぜ淑与野へ?

中高一貫校に行きたいと思い何校か中学受験をしました。その中で淑徳与野の入試問題が一番面白かったので好印象を持ったということが一番の理由。今になって言えることは、この学校を選んで本当に良かったということです。

中高6年間の思い出は?

高校3年の時に、ひとりの博識な先生に出会ったことが、私にとって一番大きな出来事であり思い出です。その先生が持っている膨大な知識の量と深さを目の当たりにして圧倒されましたし、はじめて「知は力なり」という言葉を強く実感しました。授業を受けるたびに物知りになっていく自分を感じることができ、この先生のような人間になりたいという目標もできました。また、それと同じくらいインパクトを与えてくれたのが高校2年のアメリカ修学旅行。この経験を境にして「とにかく英語を勉強しなければ!」という気持ちが一気に強くなったからです。また、仏教主義の学校で中高6年間を学んだことで「ご縁」という言葉を意識することが多くなり、一つ一つの出会いを大切にするようにもなりました。

将来の夢は?

子どものころから小学校の先生になりたいという夢を持っていました。進学先として東京学芸大を選んだのは、家の近くに同大学の附属校があり、常々その名を聞いていたせいか、志望校を考えはじめた時に自分のレベルなど関係なしに「学芸大がいいな」と思ったから(笑)。勉強が決して好きではない私が、その無茶な目標を叶えることができたのは、授業についていけるようにということだけを考えて一つ一つのテストに取り組んでいけば知らないうちに実力が付いてくるカリキュラムと先生方の指導があったからだと思っています。グローバル化が進み、日本国内に住む外国人が増えていますので、その子どもたちをしっかり助けられる小学校の先生になることが目標。そして、淑徳与野で出会った先生のように「知は力なり」を子どもたちに実感してもらえる先生を目指したいと思っています。