薬を渡した後も、患者さんのことを気にかけられる薬剤師になりたい!

なぜ淑与野へ?

説明会に来た時、校舎がきれいだったから。小学校は共学だったので、女の子ばかりっていうのはどうなのかな?と少し緊張していましたが、みんな明るくて、仲が良くて、スポーツ大会や文化祭で一致団結して盛り上がって、毎日がとても楽しく、ここに入ってよかったなと思いました。

中高6年間の思い出は?

わかりあえる友達ができたことです。6年間一緒に過ごしていますので、もう言わなくても相手の気持ち、言いたいことが分かります。そういう友達ができたことが、本当に一生の財産だと思います。先生と生徒の距離が近いことも淑徳与野のいいところです。勉強のことで質問しても、いつでも親身になって答えてくれますし、生活面でも気を使ってくれました。高校の担任の先生が特に涙もろくて、文化祭が成功しては泣き、スポーツ大会で勝っては泣き、もちろんお別れ会でも大泣き(笑)。ありがとうございました。

将来の夢は?

薬剤師を目指しています。きっかけは、高1の時、祖母が体調を崩した時、薬を飲んだり飲まなかったりで病気を悪化させてしまったことがあったからです。薬を処方するだけではなく、その後のこともちゃんと面倒を見てあげられるような薬剤師になりたいと思っています。
淑与野の勉強は大変で、中学校へ入ったころは「小テスト」が多いことに驚きましたが、毎回のテストをクリアしていくことで基礎が身につくと思って一生懸命やりました。高校に入ると勉強の仕方が身についてきて、毎回のテストも苦にならずに対応できるようになりました。本格的に受験勉強を始めたのは高2の春から。学校の講座も受講しつつ、足りないと思うところは予備校にも通いました。現役で合格できたのは、周りのみんなが頑張っていたり、先生が手厚くサポートしてくれたりする淑徳与野の環境のおかげだと思います。