淑与野Channels 高等学校

英語力を磨いて、英語教師になる。日本文化を世界に広める活動も!

なぜ淑与野へ?

一番の理由は、3カ月の海外留学が組み込まれたインターナショナルコースがあったから。また、得意な英語を生かして3教科受験型の私立大学文系学部を目指していたので、選抜Cを選べば効率よく受験勉強もできると思ったからです。

高校3年間の思い出は?

インターナショナルコースでの3カ月留学です。インターナショナルコースの留学先は、アメリカとニュージーランドがあるのですが、私はこの時期(1月~4月)気候のいいニュージーランドを選びました。ニュージーランドは自然が豊かな島国で、時間がゆっくり流れているように感じました。高校にはベトナムや中国などのアジアの国々やドイツ、イギリスなどのヨーロッパの国々など、世界中からの留学生が集まっていました。彼らと交流することで、世界中のあらゆる地域に目を向けることができたと思います。
授業の後は、友だちと買い物に行ったり、海へ散歩に出かけたり。勉強ばかりしている日本とは全く違う生活です。
向こうでは、洗濯も自分でして、お弁当も自分で作って、自分のことは自分でやるのがあたりまえ。本来やらなければいけないことが自分の体に組み込まれたような気がして、家族にも「留学に行って変わったよね」と言われました。
「3カ月も留学していると学校の勉強が遅れちゃうかも…」という心配はもちろんありましたが、それ以上に、親元を離れての生活は、貴重な体験だったと思います。勉強の面でも英語を聴き取る力と話す力がつき、今までとは違った英文の読み方・理解の仕方ができるようになり、帰国後の英検で準1級に合格できました。

将来の夢は?

まずは英語の力を伸ばすこと。大学では1年間は海外留学して英語力に磨きをかけます。同時に英語の教員免許を取り、将来は日本の学校で英語教師になるか、海外の日本語学校の日本語教師になりたいと考えています。ニュージーランド留学で世界中に友だちができたので、そういう世界とのつながりをさらに発展させて、日本文化を世界に広めていけるようなことにつなげられたら良いと思います。