淑与野Channels 高等学校

外国語をしっかり勉強して、世界の人たちに日本の文化を紹介したい

なぜ淑与野へ?

校風が落ち着いていて、優しそうな先輩が多くて、質の高い高校生活が送れると思って選びました。

高校3年間の思い出は?

なによりも毎日の生活が楽しかったです。それは素晴らしい先生と気のおけない仲間たちに囲まれていたからだと思います。授業は教科書の内容を超えた時事問題や興味深い内容を雑談として話してくださり、毎日飽きることなく勉強できました。休み時間や放課後は気の合う友達とおしゃべりをして登校から下校まですごく幸せな日々を送っていました。
選抜Cは私立大学の文系学部を目指す生徒たちのクラス。1年生の時から英語や地理・歴史の授業が多く、受験まで3年間かけてじっくり準備できたのも良かったと思います。英語が得意な人が多くて最初は戸惑いましたが、その分、自分も頑張ろうという気持ちになれました。また、世界史の授業が面白くて、資料集を見ながら、「ああ、この国に行ってみたいなあ……」などと思いながら勉強しました。その中で一番気に入ったのがドイツ。それがドイツ語学科を目指すきっかけにもなりました。
大学受験については予備校には通わず、学校でやっていることを信じて勉強しました。外国語学部を目指すのに一番大切にしていたのは長文を読むこと。毎日、必ず長文を読むようにしていました。そしてわからないことは自分で調べ、それでもわからないことは先生に聞けば丁寧に教えていただけるので、迷うことはありませんでした。

将来の夢は?

将来は、外国の人に日本の良さを知ってもらったり、日本人に外国の良さを伝えたりと、異文化と触れていられるような仕事に就きたいと思っています。そのために、大学では英語とドイツ語を一生懸命勉強し、実際にヨーロッパにも行って見たいと思います。